FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'02.21.Mon

ツイッターと流行

流行には流された方が良いのか悪いのか。


僕は結構流行りというものに疎い。
というのはそもそもそういう情報をキャッチする能力に疎い。
最近だとツイッターなんかでそんな感じが多い。

何気なくTLを見てると、みな同じような事ばかり言っている時がある。
「何コイツら馬鹿の一つ覚えみてえに同じ事言ってんだよ、アホか」
とその時はそんな風に感じるわけで、でも後々から考えると「あれ流行ってたんだな」と思うような時が多々ある。

でまあ、これはよく言われる事だけど、流行って廃れるじゃないですか。
結局その場限りのコンテンツであるという事だと思うんですよ。
そこに投資する時間と労力を考えたら、なんだかやってられない。

でもそこの中に入ってないと、途端に仲間から外れるような、
なんというか疎外感が生まれるわけで、そうすると仕方なく流行に乗るしかないという
それはなんだか負けな気がしてならない。個人的に。

というか流行に負けもクソも何も無いんだと思うんだけど、
どうしても乗れない流行ってのもあるわけで、例えば音楽だと、そのアーティストが凄く流行っていても、
生理的にもう受けつけないようなアーティストだったら見向きもしないし、
そんなのがテレビに写ってるだけで苦痛になる場合だってある。

けれどそんな時って、町にでてもその話題で持ち切り、バイト先なんかでもその話題で持ち切りだったり、
行く先々でどうでもいい話を聞かされなければいけないこっちの身にもなってほしい。

そうこうしてくると、最終的にたどり着く部分というのは、日本人の心とも言える
「思いやりの気持ち」
だったりする。

確かに自分が流行に乗っていて、それをもっと流行らせたいという気持ちも分からないでもないが、
それを執拗に勧めてくるのは、もうぶっ飛ばしたくなる。もう良いって、それは!ってなる。
全員が全員その流行が好きってわけでもないので、「この人はどうなのか」という事を少し考えた方が
良い気もする。

確かに中には楽しかったり、面白いような流行りもあるが、
そんなのはごく一部だと思っている。
「あの時なんであんなのにハマったんだろう」となるのが何だか嫌なので、
良い流行りと悪い流行りを見誤らないように毎日を過ごしている。

けどそんな事やってると、冒頭のように流行に鈍感になり、疎外感を覚える事もあるが、
まあそれはそれで良いのではないかと、個人的に言い聞かせている。

というのがツイッターで多く見られるんで、ちょっとどうなんだろうと書いてみた。
あと最近ツイッターで面白い事書かないと駄目みたいな風潮がどうも嫌い。
いやまあ使い方は人それぞれなんだろうけど、面白い事を狙って呟くより、
知らない間にぽっとでた呟きが面白い方が良い気がする。
1万ツイートのうちに1ツイートでも面白ければ、それで良いんじゃないだろうかねえ。
戯言トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。